胃薬を服用しようとする男性

胃もたれや胃が重いなどといった症状がある場合、胃薬を使用することになるでしょう。
1つ例をあげるならば最新の胃薬であるネキシウムです。
ネキシウムの効果についてもこちらでも詳しく解説していますが、成分であるエソメプラゾールが誰にでも効く安定感があることが最大の特徴です。
一口に胃薬といっても薬局やドラッグストアにはさまざまな種類のものがあるため、どれを選んだら良いのか分からないという人も多いかもしれません。
胃薬のほとんどはいくつかの成分が組み合わされた配合薬なのですが、成分のメリットを生かしたタイプと成分の組み合わせが複合的なタイプに分類することができます。
胃薬を服用する時には注意事項についてしっかり知っておきましょう。
胃薬だけでなく薬は一般的にお茶で服用することはできません。
それはお茶に含まれているタンニンと薬の成分が反応してしまい、薬が吸収されなくなってしまうことがあるためです。
また、タンニンによって消化酵素の活性が落ちてしまうこともありますし、水かぬるま湯で服用するように注意しましょう。
医者に処方してもらった薬を服用している場合、成分が重複してしまうこともあるため、市販薬を飲む前に医師に相談した方が安心です。
薬の箱や説明書に記載されている規定量なら飲み続けても問題ないのですが、2週間程度飲み続けても症状が改善しない場合は注意が必要です。
他の病気が隠れている可能性もあるため、できるだけ早く医師に相談するようにしましょう。
ちなみに、胃薬は目的によって服用時間が変わってきます。
胃酸を中和したり、成分の吸収を高める薬の場合は食前や食間に服用するのですが、消化を助けるための薬は食後に服用すると効果的です。
服用に適した時間は薬の箱や説明書などでしっかり確認しておきましょう。
食べすぎだと感じたら食後、胃もたれで食欲がない場合は食前、空腹時に胃が痛む時などは食間に飲むのがおすすめです。
ボルタレンまた胃以外の神経系が痛む時はボルタレンのような鎮痛剤を飲むと効果的です。
症状に合わせて適度に使い分けるのがいいでしょう。
また、ボルタレンは解熱剤の作用もあります。
風邪で高熱が出てしまうと、悪夢を見やすくなったり、寝ていてもグラグラするような感覚でつらい思いをします。
そんな時はただの風邪薬ではなく解熱剤が効果的です。
ただし解熱剤は使い方にも注意点がありますので使用前にチェックしてから服用しましょう。
胃腸のトラブルが起きやすいと日常生活でも常に痛くなってしまうことへの不安感から十分な睡眠をとれなくなることもあります。
慢性的な睡眠不足は深刻なもので、睡眠が不足することで体の免疫力は低下してしまいますので睡眠薬を利用することも検討した方がいいでしょう。

関連記事